覚えていますか?安全運転5原則

安全運転5原則とは、運転免許を取得する際に習っており、交通事故を未然に防止するのにとても大切です。
5原則の一つは、安全速度を必ず守る。
道路には、速度標識が設置されています。
速度標識の速度は道路の道幅や交通量などを考慮して設定されているので、速度標識の速度を超えて走行していると制動距離が伸びてしまうので、交通事故の原因となります。


シニア16
二つ目は、カーブの手前ではスピードを落とす。
カーブでは遠心力がかかるため、減速しなければスリップを起こしたり、対向車線にはみ出してしまうことから、交通事故の原因となります。
三つ目は、一時停止で横断歩行者の安全を守る。
一時停止の標識が設置されている交差点は、道幅が狭い、見通しが悪い場合が多く、停止して左右を確認しなければ歩行者との接触事故を起こす可能性が極めて高い場所です。
四つ目は、交差点では必ず安全を確かめる。
交差点内での右左折の事故は事故発生件数でも上位を占めていることから、交差点内の安全確認は非常に大切です。
五つ目は、飲酒運転は絶対にしない。
飲酒運転は、罰則が厳しくなり、社会的な制裁も厳しくなる一方です。
飲酒をして運転することは過失運転ではないので、非常に厳しく処罰されます。