選び方のポイント

レーダー探知機はここ数年で非常に商品のラインナップが拡充され、機能も飛躍的に向上しました。元々はネズミ取りやオービス対策で設置されることが多かったものですし、現在もその主な役割は変わりませんが、最近の商品は安全運転のための機能がいくつも盛り込まれています。


例えばカーロケーター対応の機種などは、GPSを用いて緊急車両の位置情報を把握することができ、救急車等の接近や進路の妨害に配慮するなどのことも可能です。また、道路の案内なども表示してくれる機能を備えたモデルもあり、交差点などの画像情報も見ることができる商品もあります。取締のレーダー反応が無い場所ではスピードを出して良いというものではありませんので、取り付けていても速度に対する意識は常に持っておきたいものです。このレーダー探知機の選び方のポイントですが、自分の車の設置場所の条件や電源、配線に関する条件をしっかりと調べておくとよいでしょう。サンバイザーに設置してソーラーパネルで電源を確保するタイプや、シガーライターなどから電源を取るもの、最近ではバックミラー内蔵型も流行の一品です。配線や部品交換が必要な場合は面倒もありますが、自分の自動車のレイアウトをよく把握してから商品を選んでください。

Comments are closed.