標識の意味を覚えていますか?

自動車やバイクなどの運転資格を取得するまでは頑張って覚えてきたことも、免許を取得し運転に慣れてくる頃になると正確に把握しなくなっている交通ルールが増えてしまう人もいます。中でも道路標識は交通安全に欠かせないものですが、普段よく通る道路に設置されていて頻繁に見かけるもの以外知識が薄れてきてしまっている人も割りと多いのが事実です。


シニア17

運転者だけでなく歩行者などの安全にかかわってくるものですから、定期的に意味の見直しなどを行って普段意識しなくなっている交通ルールであっても思い出しておくことが大切です。交通量が増えたり事故が増加した時や、道路が拡張や延長になったりした時などには、これまでと違った警戒を促すために新たに追加設置されることもあるので、忘れたままでいたのでは違反や事故につながる可能性があります。

禁止を指示しているものや注意・警戒を促すものだけでなく、行って良いことや道路の案内などが分かりやすく記されており、補助の表記も見落とすことなくしっかりと確認して運転を行うべきです。時間が制限されている区間などは十分に注意が必要となります。学校や幼稚園などが近くにあり、通学路に指定されている道路などでは特に確認を怠ることが無いようにするべきです。

Comments are closed.