性能の差の影響

日本は、世界的にみると国土が狭く、そのため道路も狭いという特徴があります。
狭い国土の中に大きな山脈がいくつも存在するので、直線が少なく曲がりくねった道が多いのも独自性といえます。
このように、車を運転するには酷と言えるような環境の土地柄ですが、ドライバーが負担を一切感じずに快適に走行できるのには、訳があります。
それは、日本が有する道路工事の技術が素晴らしいということが挙げられます。
通常、これほどまで山脈が多く国土が狭ければ悪路ばかりという条件になってしまいます。


ところが、日本の技術力が高いことで、どのような地形や状況でも広く乗り心地の良い道路を作ることができるのです。
しかし、道路が広く滑らかな路面では、つい速度を出し過ぎてしまう恐れがあります。
いくら高い速度域で走れる上質な道路でも、定められた制限速度は守らなくてはなりません。
そういったつい速度を上げてしまいがちな道路には、必ずオービスなどが設置されています。
運転中はオービスに気付くことが難しいため、性能の高いレーダー探知機を使うと便利です。
現在、主流のレーダー探知機はインターネットから無料で最新のデータをダウンロードできるため、新しい道が完成しても買い直すという負担がありません。

Comments are closed.